トップページ >> ■ カラット (CARAT) とは

■ カラット (CARAT) とは

CARAT (カラット ) は宝石の重さのことをさす場合と、金の純度をさす場合の2種類

の意味があります。



まず、宝石の重さで使用する場合:

1 CARAT は 0.2グラム(200ミリグラム)です。これは1907年の

国際会議(メートル条約の会議)で、世界的に正式に決まりました。 

そして、1 CARAT の100分の1の重さを 1 ポイントと呼びます。



次に、金の純度をさす場合:

アメリカでは通常 KARAT(略して K あるいは KT)と発音は同じでもスペルの初めが

Kになります。

イギリスでは、金の純度をあらわすときでも CARAT を使用します。 つまり、アメリカで 12金の

ゴールド を表す場合は必ず、 12KARAT(略して 12KT) なのですが、

イギリスでは 12CARAT(略して 12ct.)になります。

ちなみに、純金(純度100%のゴールド )は 24KT ですので、日本で一般的な 18K は 

純度が75%(25%はゴールド以外の不純物)になります。



Posted by mark3a : 01:14 | Comments (0) | Trackbacks (0) | Page Top ▲

trackbacks

trackbackURL:

comments

コメントを投稿

(はじめてコメントされる場合、管理者の承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。再度コメントを投稿する必要はありません。)